独立起業の歩き方

女性起業家の成功例から考察する、成功する人と失敗する人の違い。

女性 起業 成功例
テリコ

会社員にも向き不向きがあるように、
独立起業するのも向き不向きがあります!

レオン

いわゆる仕事ができる人ってだけでは難しいの?

テリコ

そうだね。
ある環境では仕事ができる人も、別の環境に移ったら全然通用しなかった…なんてことは普通にあることだからね。
逆に、会社員では通用しなかったけど起業したらうまくいくタイプもいるよ!

レオン

できるできないじゃなくて、
向いてるかどうかが重要なのかもね〜

【こんな人におすすめの記事です】

  • 起業したい気持ちがあるけれど、自分にできるのか不安
  • 起業に向いている人と向いていない人の特徴が気になる
  • 会社員から起業するときに気をつけることを知りたい

女性起業家の成功例4タイプ

私自身、まだ独立してからたったの6年しかたっていないペーペーですが(2021年現在)
この6年で本当にたくさんの「起業したい!」と言う女性を見てきました。

同じような時期に起業して、
今もしっかり事業を継続している人は
このタイプがいるな〜と思うものをまとめてみました。

成功例A:行動力のカタマリ!百万馬力タイプ

一番成功までの時間も短く、成功する幅も大きいのがこのタイプ。
けれど失敗の数や規模も大きい!

ただ、即行動できる人って、勇気がある人も多いので
(怖いもの知らずとも言う…)
つまづいたり失敗しても大きく凹みません。

じゃあ次どうする?と言う思考に切り替えて、
失敗すらも行動のための原動力に早変わり。

後転的なタイプは少なくて、
生まれ持っての行動力で自然と爆走していることが多いので、
体力のない人がこのタイプの人からの
アドバイスをもとに行動すると…即息切れして終わります。笑

成功例B:「楽しい!」のトリコ。軽やか実行タイプ

明るく自分に正直で、感覚優位なのがこのタイプ。

やりたい!と思った時に発するエネルギー量はすごいけど、
やりたくない!と思った時のブレーキもなかなか。

自分のコントロール方法を自分なりに見つけられると
すごく強いタイプでもあり、
やりたくない事をどうしたらやりたいことに転換できるかな?
と言う視点の切り替えができるかどうかで命運が分かれる。

気持ちさえ乗ってしまえば持久力もあるし
基本的にラブ&ピースな人なのでカリスマ的人気も出やすい!

女性 起業 成功例

成功例C:計算と実行。無駄のないスマートタイプ

思考回路が理論的なので、女性では少数派なタイプ。

感情的に動くAやBのタイプとは違って、
淡々と着実に前に進むので、ムラがなく信頼を得やすい。

起業してすぐに人気爆発!みたいなことにはなりにくいけれど、
安定して細く長く続けていくうちに、
誰よりも着実に事業の拡大に成功していたりする。

浪費家だったり野心家な訳ではないので、
自分の中で理想や理念を明確にして
事業の延長線上に社会貢献などの旗を立てないと原動力を見失う。

成功例D:人の手も脳も上手に借りる。天性のリーダータイプ

速く行きたければ一人で進め。遠くまで行きたければみんなで進め。
と言うアフリカのことわざをことわざを地でいくタイプ。

「起業する」というと、
自分が頑張らねば!と気負う人が多い中で、
一人でできることなんてたかが知れてると言うことが
しっかりわかっていて、意図的に人を頼る術を知っている。

他人に頼れる=他人への信頼感が強い=自分への信頼感も強いので、
自己肯定感が高く人を受け入れる器も大きい。

空母のような存在感で
関わる人に安定感と幸福感を与える稀有な人。

テリコ

代表的な4タイプを紹介しましたが、 もちろん人によってミックスタイプの人もいます。

レオン

テリコはAタイプ(馬力)4割、Bタイプ(軽やか)4割、Cタイプ(スマート)2割って感じだね。

テリコ

こうやって見てみると、私に足りないのは人を頼る力だとわかるわぁ〜。

どのタイプにも共通。女性の起業が成功するポイント

女性に限らずの話ですが、もうこれは絶対だよな〜と思うのが、
新しい情報を常に更新して、それに合わせて自分も変化し続けること。

世の中の情勢は常に移り変わっているのは当然のことで、
だとするならばその移り変わりにこちらが合わせるのも当然のこと。

例えるならば起業はサーフィンみたいなものなんです。

女性 起業 成功例

波の状態って常に移り変わっていくでしょう?
その波の上で、どんな体勢を取れば
安定して波に乗っていられるだろう?ということは、
事業を継続する限りずーーーーーっと考えて、
行動し続けないといけないんです。

もし、何かの方法や手段で大きく成功して、
揺るぎない安定を起業に求めるとしたら、
それは海の上にいながら、津波が来ようと嵐が来ようと
びくともしないビルを建てようとしているようなもの。

レオン

そんなの無理じゃん!

テリコ

無理だよ。
どんな大企業だって時勢は読むでしょ?
個人事業主は水に浮かぶ木の葉みたいなものだもの。
揺るがないことよりも変化することの方がずっと大事。
思考停止で安穏としたいならば起業は諦めて!

レオン

厳しいー!泣

テリコ

私からしたら、その移り変わりが楽しいんじゃん!て感じだけどね〜

起業に失敗しがちな人がやりがちなこと

成功する人にもパターンはあるけれど、
失敗する人にもそれぞれ傾向があるなぁと。
経験則からのお話ですが、参考までに!

承認欲求からの起業になっている

目立ちたい、チヤホヤされたい、私にだって何かできるはず!

という動機が悪いとは言いません。
ハングリー精神は大きなエネルギーになることも十分にあります。

だけど、それ「だけ」だと、秒で見抜かれてそもそも軌道に乗りません。

ビジネスは基本的にお客様のために動くものです。
起業した側だけが得するようなシステムなんて成立しません。

お金でも承認でも気持ちでもなんでも、
自分がたくさん得たいものがあるならば、
その分こちらの労力や投資や時間は差し出して当然!

女性 起業 成功例

モチベーションに頼りすぎて行動が伴わない

人間は心が伴わなければ生きながらに死んでしまうので、
感情を大事にすることはとても重要です。
心が死ぬようなことは絶対にやらない方がいいし、
そうまでして成功させる価値のある仕事なんてないなぁと
個人的にも思います。

だけど、感情的なモチベーションに左右されて、
行動が伴わないようではビジネスが前に進むはずもなく…

テリコ

「今日はブログ書きたい気分じゃない」って日が1ヶ月続いたらどーすんの?笑

多少乗り気じゃないなぁと思ったとしても、
未来の自分の在りたい姿のためにはコツコツやるんです。
いい時も悪い時も淡々と。

失敗を怖がるあまり冒険できない

人生で一度も失敗しないで生きる方法が一つだけあります。
それは、一度も冒険しないことです。

なんてどっかの誰かの名言であったような気がします。

かの本田宗一郎さんもこうおっしゃっております。

私の最大の光栄は、 一度も失敗しないことではなく、 倒れるごとに起きるところにある。

やったことがないことにチャレンジするのに、
失敗しないとか無理じゃないですか?

小さな子供もコケて学ぶから成長します。 大人も一緒。

女性 起業 成功例

検索力(自分で自分の答えを探す力)が弱い

日本のテストには必ず正解があります。
そしてステレオタイプな日本人像も平成の時代まではありました。

だからなのかうっかり【正解】があるものと信じて、
その正解を知っていそうな人にすぐ聞いちゃう人、多いです。

けど、実はこの世の中、正解があることの方が圧倒的に少ないです。

特に起業なんて、
自分のビジネスなんだから正解は自分にしかわかりません。

今は検索すれば正解らしきものは大量に探せます。
その中でどれを採用するかは自分次第。
まずわからないことがあるなら検索して、
答えの候補くらいは自分で見つけられるようにならないと、
全てを自分で決めていく起業への道は険しいかも。

筆者(テリコ)の起業が軌道に乗った要因とは?

ここまでは総論というか一般論というか、
全体を見ているとこんな傾向があるよね。というお話だったんですが、
ここからは私の場合。

テリコ

「ビジネスの成功」という観点からだと、
私の場合はまだまだ全然成功と言いたいレベルには達していないので、
お仕事が起動に乗ってきたなぁと思ったタイミングのお話です。

私の場合、起業塾に通うでもなく、経営を学ぶでもなく、
無駄に検索力が高いもので、あちこちに転がっている無料の情報や、
うまくいっている人のビジネスモデルを
外側からわかる範囲で真似たりして4年ほど活動してました。

独学な割にはお客様も来てくれていた方ではあるけれど、
どうもいまいち戦略的にビジネスしてるって感じが薄く…

目の前に来たものを全力で打ち返しては走っているだけで、
これをあと何年も続けるのか?という不安定感が常にありました。

女性 起業 成功例

そして5年目、
マーケティングを本格的に学ぶことに決めたんです。

そこで体系的に学んだ事は、
今までもWeb上の情報などで見たり聞いたりしたことでした。

けど……!だけども……!!

言葉で伝えてくれる事以上に、
仕事に対する姿勢や、サービスとサービスの間の細かな繋ぎ方など、
言葉で伝わるもの以外の部分の学びが めちゃくちゃ大きかったんですよね。

結局人間て、字面を追ってわかることなんてたかが知れてて、
こうやって実際に成功している人の近くで

見て、聞いて、感じて、同じ空気を吸うことが
本当に大事なんだなぁ〜と思いました

そこからはお仕事が軌道に乗り、
今では不安定感はあまりありません。
波の乗り方を体で覚えた感じがあります。

これから起業したいと考えてる人は、
独学じゃなくて誰かに習うのが絶対的に早いです。
ただ、習うときは「何を教えてもらえるか?」よりも、
「この人から教わりたい!」って思える人のところに
行った方が良い気がします。多分。

会社員or起業の判断基準はどこ?

最後に、これから起業したいと考えている会社員の方へ。

インターネットがここまで普及する前の時代を考えると、
今は起業することへのハードルは格段に下がっています。

それでも、起業すべきか会社員でいるべきか、
なかなか判断はつかないし、
とりあえず「えいや!」で飛び込める人は少ないと思うんですよね。

ここまでで、起業に成功しやすい人のタイプなどを紹介してきましたが、
実際に向いているかどうかは
やってみないとわからないのが正直なところです。

いきなり清水の舞台から飛び降りる必要はありません。
まずは発信を継続してみる。
そこで感じたことや人からの反応を観察してみる。

安価でいいので自分の商品を作って売ってみる。
そこで感じたことや人からの感想を集めてみる。

そんな感じで、まずは「起業ごっこ」をしてみるのがおすすめです。

レオン

「ごっこ」だって思えば失敗も怖くないしね!

そこで感じたことがきっと正解。
興味を持って学んで変化し続けられそうだと感じたなら、
起業ってめちゃくちゃ楽しいですから、ぜひ飛び込んでみてください!

ABOUT ME
テリコ
テリコ
ブランディングデザイナーです。 2016年にフリー転身。主に個人事業主のビジュアルを含めたブランド作りのお手伝いしてます。【変】をこよなく愛するが故に個性派さんが大好物。個性派だらけの世界を作ってうっかり目立ちがちな自分を隠したい所存。ウイスキー好きさんも大歓迎。